キャラクター設定:吉川京子

Last updated on

吉川京子

名前:

吉川京子(きっかわ きょうこ/Kyoko Kikkawa)

年齢:

22歳

身長:

172cm

体重:

55.2kg(スーパーバンタム級時)、

55.7kg(フェザー級時)

スリーサイズ:

B83 W60 H82

国籍:

日本

出生地:

日本、東京都豊島区池袋近郊

居住地:

同上

階級:

スーパーバンタム級もしくはフェザー級(メインはフェザー)

バイオグラフィー:

香織の先輩にあたる朝宮ジム所属のプロボクサー。日本人。

朝宮ジムの古参であり、ジム初の日本タイトル保持者。

フィットネス目的で入ってきた香織のトレーナーとなるが、ルネとともに香織のボクサーとしての才能を見いだし、彼女をボクサーとして育て上げ、プロライセンスを取らせた。

本業は高校教師(担当科目:化学、大学を卒業したばかりの非常勤講師)で私立の共学高校で働いているが、プロポーションのいい女性であることと精悍な顔つき・クールな性格もあり「男子生徒だけでなく女子からも言い寄られて困る」という。

非常にモテる女性。生徒だけでなく同年代の男女からも慕われている。

(学生時代は同級生、現在は学校の同僚、果ては町を歩いていてナンパされたこともある)

外見:

切れ長の目を持つ宝塚女優のような精悍な顔つき、一本にまとめた腰まで伸びる長く美しい黒髪が特徴。

性格:

さっぱりとしたクールな性格で、上記のような外見も相まって「朝宮ジムの貴公子」というあだ名を持つ。

(女性らしくありたい本人としては、あまり好きではないあだ名のようだ)

朝宮ジム内では香織同様尊敬されており、ルネからの信頼も厚い。特に香織、貴久子から絶大な尊敬を勝ち取っている。

ファイトスタイル:

ファイトスタイルはアウトボクサー寄りのボクサーファイター。オーソドックス。本人としてはインファイトも戦えるようにしたいと思っているが、リーチが長い分インファイトでは腕の取り回しが苦手である。

得意ブローは右ストレート、左右のロングフック、そしてフィニッシュブローとしてよく使う右コークスクリューブロー。

香織のファイトスタイル(ボクサーファイター)は京子から受け継いだものである。京子と香織、どちらが強いかはジム生の中で意見が分かれるところだが、京子本人は「自分はインファイトが苦手なのに対し、香織はインファイトも得意なオールラウンダーであるため香織のほうが上である」という評価を下している。

また、貴久子がアウトボクサーになったのは京子の影響によるものが大きい。

もしこの投稿が「いいね!」と思ったら↓のWaveboxから拍手をください

wavebox logo